キャンセル待ちの方法

希望する施設・日時がすでに予約されていて空きがない場合は、キャンセル待ちを登録することができます。

カレンダー画面に表示される「キャンセル待ち」ボタンをクリックします。
KK37.gif


キャンセル待ち情報登録画面で施設・面数・利用日時を指定して「登録」ボタンをクリックすると、キャンセル待ちの登録が完了します。
KK38.gif


※責任者メールアドレスの入力がないと「責任者メールアドレスは必須入力です」エラーメッセージが出てキャンセル待ちできません。キャンセル連絡を受けたいメールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

キャンセル待ちの登録をした施設・日時でキャンセルが出た場合は、責任者メールアドレスにメールが送信されます。
責任者メールアドレスには、登録時に入力したメールアドレス(グループIDでは責任者メールアドレス)が表示されるので、ご登録内容の変更で設定することも出来ます。

キャンセル待ちの状況をパソコンで確認される場合は、キャンセル待ち確認画面で確認してください。

※キャンセル待ちのメールが来ただけでは予約済みではなく、空きが出て予約ができるようになったことをお知らせするもので、利用される場合はお客様自身でのご予約が必要です。ただし、キャンセル待ちをされている方すべてにメール送信しますので、すでに予約されている場合もあることをご了承ください。