野球・サッカーは施設で予約できる面が違いますか?

熊本市体育施設の運動場では、基本的に全面で軟式野球・サッカー、半面でソフトボール・学童軟式野球・キッズサッカーが利用できます。

軟式野球・サッカーは全面の広さが必要な種目のため、練習の場合でも半面の予約では利用出来ません。

予約操作の途中で表示される画面で、利用目的小分類に利用したい種目が表示されれば利用できます。

P168-1.gif

≪例外≫
●富合町雁回公園は他の施設と広さが違うため、半面で軟式野球・サッカーの利用ができ、1/4面でソフトボール・学童軟式野球・キッズサッカーの利用ができます。

●浜線健康パークでの昼間の学童軟式野球は、全面であれば利用できますが学童軟式野球での夜間の利用はできません。

●水前寺野球場・北部公園運動施設・河内グラウンド・田原スポーツ公園・吉松スポーツ公園・塚原グラウンド・渡漉公園野球場(無料公園)では半面利用ができないため、軟式野球・ソフトボール・学童軟式野球は全面での利用になります。
(サッカー・キッズサッカーは北部公園運動施設・河内グラウンドの全面で利用可能)

●夜間の学童軟式野球は、半面で利用できる施設と照明の照度など安全面を考慮し全面でのみ利用できる施設があります。

【夜間学童軟式野球利用可能施設】
半面:飽田公園運動施設・坪井川緑地運動施設・植木スポーツセンター公園・城南総合スポーツセンター
全面:清水新地野球場・北部公園運動施設・今熊公園運動施設・天明運動施設・田原スポーツ公園・吉松スポーツ公園

●昼間の小学生硬式野球は、全面であれば利用できる施設もあります。

【小学生硬式野球全面利用可能施設】 今熊公園運動施設・河内グラウンド

※学校夜間開放施設は、軟式野球ができる学校夜間開放施設サッカーができる学校夜間開放施設をご確認ください。


熊本県の施設については、熊本県教育庁教育指導局体育保健課又は各施設にお問合せください。